看護師の強みを活かす自己PRを作成しよう

看護師の強みを活かせ!

看護師の強みを活かすために当サイトは看護師の強みに関することを総合的に紹介しているサイトです。現在看護師として働いている自分の強みは何かを把握して転職などにお役立てください。 >>>ご質問やご不明な点はこちらまで

転職時の自己PRにも活かせる

転職時の自己PRにも活かせる
LINEで送る
Pocket

自己PR

看護師として働いた経験を転職時に活かすことを考えれば、看護師で学んだ知識や技術はもちろん、どのような経験をアピールするのかを考える必要があります。看護師が転職をする際にぜひ活かしたい経験を自己PRとしてアピールするために、例文を交えながら紹介していきますので自己PR作成時にお役立てください。

行動力をPR

行動力があることを自己PRしたい場合には看護師として何に挑戦したかを交えながら自己PRしましょう。以下は例文となっていますのでご参考ください。
「私は看護師として働き始めたときから自立をしたいと思って仕事をしてきました。以前勤めていた病院では業務改善委員会を立ち上げて、まずは自分が行動していくことを心がけて挑戦していました。そして結果として仕事を周囲に頼ることなく進められるようになったと自分で評価できました。」

努力をPR

転職をすればその先で早く慣れるように、仕事ができるようになる努力が求められます。その努力ができるというPRをしたいと考える人は看護師経験で苦手だったことが得意になったことを自己PRしましょう。以下は例文となっていますのでご参考ください。
「新人の頃には医療機器を取り扱うことがとても苦手でよく先輩に怒られてばかりでしたが、先輩のやり方をよく観察したりなどできる努力はすべてしようと意気込んで医療機器の取り扱いを勉強しなおしました。時間がかかるかと思いましたが、意外と意識を変えてコツコツと努力をすることで半年もしないうちに後輩の教育を任せられるようになりました。この経験を通して何事も意識を変えて少しでも努力をすることで苦手は得意に変えられると自信がつきました。」

効率をPR

どのような職場でも仕事でも効率が良いことは認められます。そして多くの職場では高い効率を求められます。そして効率が良くてなおかつ正確であることをPRするには看護師経験で時間を意識した仕事をしていたことを自己PRしましょう。以下は例文となっていますのでご参考ください。
「以前勤めていた病院では外来を担当していたということもあり、待っている患者さんを目の前にする仕事でした。そのためできる限り早く患者さんの待ち時間を減らそうと一つの仕事だけをするのではなく、別の仕事と同時並行でテキパキとこなすことを意識しました。また時間に関しても自分が退勤するまでの間にすべての仕事が終わっていることを目標に、仕事一つ一つを何時までに終わらせるといった予定を頭の中で組み立てて正確に行ってきました。」

看護師の強みをどう活かす?

強みを活かしたい方必見!