看護師の強みを活かすことができる他職種

看護師の強みを活かせ!

看護師の強みを活かすために当サイトは看護師の強みに関することを総合的に紹介しているサイトです。現在看護師として働いている自分の強みは何かを把握して転職などにお役立てください。 >>>ご質問やご不明な点はこちらまで

他職種に転職しても活かせる

他職種に転職しても活かせる
LINEで送る
Pocket

ケアマネージャー

ケアマネージャーは介護を必要とする人に向けて介護サービス計画を設計する専門職です。介護保険を利用する際にはこの介護サービス計画は必要不可欠なものですが、一般の介護保険に関する知識がない人からすると作成することがまずできません。そのため介護保険を利用する人に向けて介護サービス計画を代行して作成することがケアマネージャーの役割となります。
ケアマネージャーは利用者がどのようなことを望んでいるのか、そのためにはどういった介護サービスを受けるべきか、ということを考える必要があります。看護師資格を持っていることで介護面だけではわからなかった医学的な知識も考えた介護サービスを考えることができるため、看護師の経験や知識を活かすことができる職種と言えます。
ケアマネージャーになるためには国家試験に合格して国家資格を取得する必要がありますが、看護師資格を取得している場合には試験内容が一部免除されたり、看護師資格の試験内容と少しかぶっているような試験内容が出たりすることがあるため、こういった面で資格を取得するのにも有利になっています。実際に一般の受験者よりも看護師資格を持っている人の方が合格率が高くなっています。ケアマネージャーは日本がこれから突入していく超高齢社会の中で重宝される職種ですので仕事に困るということはほとんどないと言えます。

クリニカルスペシャリスト

医療関連機器や器具の営業や開発を行っている職種をクリニカルスペシャリストと言いますが、このクリニカルスペシャリストは製品の販売営業やどのような製品となっているかをプレゼンしたりすることが仕事です。看護師として働いていれば自然と医薬品や医療機器に関する知識もついているため、取引先との商談に役に立つことが多い職種です。こうしたアドバンテージを持っているという点で雇用する側も看護師経験のある人は有利になる会社も少なくありません。
クリニカルスペシャリストの仕事は営業が主になっていることもあり、業務内容は看護師と全く異なりますが医療に関する知識を持っており、仕事を通して得たコミュニケーションスキルを発揮できる仕事でもあります。看護師から他の職種へと転職するときの選択肢となりやすい職種の1つです。

MR

MRは医師や病院に医薬品に関する理解を高めてもらうために製薬情報などを提供する営業職のことを言います。看護師として働いていた経験があれば営業相手である医師とも現場目線で話すことができるという強みがあります。そのため看護師として働いていた経験がそのまま活かしやすい仕事です。

看護師の強みをどう活かす?

強みを活かしたい方必見!