多様なスキルを伸ばせる訪問看護師の強み

看護師の強みを活かせ!

看護師の強みを活かすために当サイトは看護師の強みに関することを総合的に紹介しているサイトです。現在看護師として働いている自分の強みは何かを把握して転職などにお役立てください。 >>>ご質問やご不明な点はこちらまで

訪問看護師の強み

訪問看護師の強み
LINEで送る
Pocket

看護師のスキルを伸ばせる

訪問看護の仕事では病棟の看護師のように数多くの看護師に囲まれて仕事をするわけではありませんので、多くの訪問看護師は個人の判断によって看護を行っていく必要があります。医師が同席するという機会もほとんどないので、看護師自身が患者さんの症状と状況を的確に理解する必要があります。医師の指示がない中で看護師が自分で判断し、責任を持って患者さんに対応しなければならない状況の中で看護をすることは看護師としてのスキルを大いに伸ばすことができます。

診断する力

病棟の看護師の仕事は検査のデータによって病気の治療を行うことがほとんどです。しかし訪問看護師は患者さん一人一人と向き合って仕事をするため診断する力がつきます。医師が付き添っていないということもあり自分で診断することでよりその力をつけることができます。また訪問看護師は営業をすることもあるため、病棟の看護師ではすることのない営業をすることによって営業力を身につけることができます。

柔軟な対応力が身につく

訪問看護で仕事をするとよくわかりますが、その場その場であらゆる対処を求められます。何が起きても対処することのできる柔軟な対応力、その場で適切な判断をする判断力など訪問看護師だからこそ身につけることができるものがあります。また担当する患者さんはほとんどの場合固定の患者さんとなっているので、同じ患者さんを定期的に診断することになります。同じ患者さんとそのご家族の方とやりとりをすることが多くなるため、コミュニケーション能力も同時に伸ばすことができます。

管理者を目指せる

訪問看護は介護保険を利用して行っているため、介護保険法の知識を得ることができます。介護保険法の知識は訪問看護師のスキルアップにはとても大切なことで、管理者を目指していくためには必須のスキルになります。そのため訪問看護を行っていくことで介護保険法の知識を高めて管理者を目指すこともできます。訪問看護師の強みは看護師のスキルだけではなく、管理者を目指すためにステップアップすることが仕事を通して行うことができるという点です。
そしてこのように介護に関する仕事も加わってくることで介護についても学ぶことができます。患者さんが利用しているサービスの管理と調整を行っていくことで、看護師のみのスキルではなく社会人として総合的な力を身につけることができますが、身につけられるスキルが多様であるという点も訪問看護師の強みです。

看護師の強みを知ろう!

強みを活かしたい方必見!